中間期コレクション : ウィメンズ - メンズ
10万円以上送料無料
10,000¥ 以上のお買い上げで送料無料 満足頂けない場合、50日以内なら返金

フェルトの質を見極める方法


昔ながらの素材であるフェルトは、緻密で防水機能と通気性が特徴です。冬にぴったりの帽子の素材です。

防臭

天然抗菌性で、ウールフェルトは空気を通するので臭いをため込みません。

温度調整機能

自然に温度と湿度をコントロールします。ウールの繊維に空気が入り込み、温度バリアを形成します。

耐久性

ウールの繊維は2万回折り畳め、変形せず30%ストレッチが可能です。そのため、長年にわたりその美しいドレープをキープできます。

防水

フェルトの加工プロセスにより、ウールの撥水機能が強化されます。

フェルトの質のグレード

本社の基準 X

 グレード 密度
g/cm3
フェルト素材の一例 主な特徴
  0.14 フェルト 柔らかい、無形
X 0.18 ウールフェルト 変形に弱い
XX 0.20 ウールフェルト 変形にやや耐性あり
5X 0.23 ウールフェルト ライトフェルト 変形に適切な耐性
10X 0.25 ウールとラビットファーミックス 変形に適切な耐性、軽い
20X 0.27 ラビットファー 変形に適切な耐性、軽い
50X 0.29 ビーバーまたはラビットファー、またはミックス 変形に適切な耐性、非常に軽い
100X 0.31 ビーバーまたはラビットファー、またはミックス 変形可能で、非常に軽い


評価基準、システムXは、全ての帽子の質を判断するために考えられています。内側のラベルにXの数(20Xなど)が表記されています。Xが多いほど帽子の質は高くなります。

品質はあくまで主観によるものであり、個人差があります。折り畳みやすく元の形に跡を残さず戻ることを重視したり、雨に強いことや、強風にも耐え形が崩れないこと、色褪せないことなどを優先する方もいるかと思います。

フェルトの密度で質を判断することもできます。繊維がつまっているほど帽子は生き生きとし、形がキープされます。密度が高いと、「繊維がしっかりとつながっている」ので、シミや雨に弱いのも特徴です。密度を確かめるには、フェルトに針を刺してください。耐性が高ければ、密度が高いことを意味するので、品質も良いとされます。

フェルトは織物ではないので、ほつれず、長持ちします

フェルトは、ウール繊維やファーから作られており、熱や水、圧によって絡む素材です。織物でないことから、ほつれず、長持ちするのが特長です。古代ギリシャで最初のフェルトが使われましたが、19世紀末になってアメリカで帽子に使用されました。フェルトには2つの素材があります。安価なウールフェルトと、耐久性の高いファーフェルトです。

仕上げ

仕上げの方法によって、フェルトの質感が異なります。

短毛フェルト : サンドペーパーで磨かれた滑らかな質感

フラマンドフェルト : 金属製のブラシで毛が持ち上げられた、ファーを思わせる質感

トープフェルト : ベルベットのような質感を得るには、シードッグの革で起毛した後、再度カット。作業に一番手間がかかります。

ウール? それともファー?

ウール製のフェルトハットは色が褪せず、長年の使用にも耐え、質感をキープするのが特徴です。リッチ・ランドいわく「ウールの帽子はもちろん存在しています。かぶり心地が良く、価格もリーズナブルで寒い日にも使えますからね […]でも長持ちし、着心地が更に良く、フォームに少し凝ったアイテムをお探しなら、ファー製のフェルトがオススメです。」ファーにはウサギや野ウサギ、ヌートリア、ビーバーなど12種類存在します。それぞれ異なる特徴があります。帽子のタイプによってファーの組合せも異なります。例えば、ビーバーとラビットファーの組合せは、野ウサギとの組合せとは違う質感になります。




セレクション


もっと見る




メールマガジンを購読
 
公式アカウント
ハット 最強ガイド
キャップ
ニット帽
バッグ、アクセサリー
サスペンダー
サスペンダー